水素水で抗酸化

今までお話ししたように活性酸素が目立ち続ければ大変なことになってしまう。それを防ぐ(活性酸素を除去してもらえる)効用が抗酸化効用だ。皆さんも一度は耳にしたことがあるかもしれません。

抗酸化で代表面的のは「ビタミン」ですね。簡単に言うと細胞の代わりに酸化されて受け取るマテリアルだ。つまりバリアみたいなものです。ビタミンも水素水も活性酸素を除去して還元できると言われています。

じゃあビタミンを取っていればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、ビタミンには水溶性ビタミン(ビタミンC)と脂溶性ビタミン(ビタミンAなど)があり水溶性のビタミンは細胞膜を受かることが出来ません。脂溶性のビタミンに至っては細胞の中に混じることができません。

水素は水にも脂質にも溶け込むことができ、細胞の四隅、狭い血管の細部まで広まることができます。それだけではなく水素は宇宙で至高狭苦しい分子と言われており脳一部の細胞にまで入れます。(おっきい分子の他のマテリアルは加わることができません。)

なので水素水は身体の細胞全体の抗酸化に効果があると言われています。

詰まり水素水についてまとめると、自分が生きて呼吸をし、現代の経済、普段の生計の中で必要以上の「活性酸素」が発生し、細胞を傷つけて「酸化」させてしまうことでボディーがロジカルに衰えてしまい「老化」してしまいます。

その元と罹る活性酸素を、宇宙で至高狭苦しい分子です「水素」が溶け込んで掛かる「水素水」を飲み込む結果活性酸素を消し身体の隅々まで抗酸化してもらえる。DUOクレンジングバームの間違った使い方とは!?